ホテルウェディングが人気な理由|食事も文句なし

準備と流れ

男女

計画的にすすめよう

結婚式の二次会の幹事を任されたなら、大まかな流れと準備をすることについて、一通り把握しておきましょう。また、仕事や普段の生活の中で、幹事となった人同士が集まったり、話を進めるというのは意外と時間がかかるものです。ですから、時間に余裕をもって、計画的にすすめるように心がけましょう。まず、二次会の幹事に選ばれたら、他の幹事の人と顔合わせを行います。ここで、誰がどんな役割を分担するか、連絡網や話し合いの記録も残すようにします。また、早い段階で決めておきたいことには、ゲストの人数や会場選びがあります。ゲストの人数によって、会費やビンゴなどに使う景品の費用の予算が変わってくるためです。また、ゲストの人数に合わせて、会場選びも行えるようになりますので、ここは早めに決めておきたいポイントです。次に、招待状の発送や当日の流れ、担当を決めます。ちなみに、近年では、紙の招待状ではなく、メールやSNSを使った招待状を活用する人も増えています。当日の流れは、プログラムを考え、司会・進行役の台本も用意しておくと安心です。ちなみに、当日は、予想外のことが起こる可能性も高いので、いざというときには臨機応変に対応できるように、幹事は当日までに結束力を高めておくということも大切です。そして、最後に、二次会で使う景品や備品などを用意して準備は完了です。ちなみに、結婚式の二次会は、あくまでも新郎・新婦がメインです。幹事の意見やプランはもちろん大切ですが、新郎・新婦とも、密に連絡を取り合い、悔いのない二次会にしましょう。